太極について

 

太極とは、相対 ( あいたい ) する力において、変化を起こすこと、または起きること(その「現象」)相対する力は、ただそれだけで存在するのではなく、互いに影響しています。

 

違和感を感じるなど、それも影響の一つであり、存在そのものの質を認めていることになります。

 

その違和感などにたいして、嫌悪感を抱いても 受け入れても新たなものが生まれます。

 

いっぽう、好意、好感を感じ共鳴すればその一条は連鎖し、多くの発見と発展を呼びます。

 

相違

あいたがいなるものとは、いかにしてお互いが存在しているかを実感する指標にもなります。

 

例えるなら、男女という異質な間柄において、受け入れれば子が産まれる 受け入れなければ、新たな自分の存在を知ることになります。

 

このように愛が芽生えれば、互いの存在を強く実感し陰陽の概念に発展しますが、元をたどれば1つのものなのです。